スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恐っ!

昨晩 帰宅すると

玄関前に ヘビが待っとったとですよ



ヘタレと言うか

弱虫と言うか

臆病モンと言うか



自分は ヘビが 大の苦手でありまして・・・

悲鳴は何とか我慢したもんの

心臓が止まるかち 思ったですよ ほんなこて!



また このヘビが



横着モンと言うか

根性モンと言うか

鈍感と言うか



全然 逃げもせんとですよね

傘で 突っつくと

反撃のポーズをとって・・・威嚇しやがって!



ここは もう勇気を出して

ほうき と 息子が使いよった 虫取り網ば持って来て

へっぴり腰で(笑)

捕まえてやりましたよ!



そして・・・


ちゃ~んと 近くの溝に逃がしてやりました

目茶苦茶 恐い と言うか 気持ち悪かったです



しばらくは

帰宅する時 もう おらんか

恐る恐る 確かめんと いかんです



また おったりして・・・(恐)
スポンサーサイト

観月会

先週の金曜日

観月会に行って来ました



この観月会

地域の小中学校PTA関係(現役・OB)

学校の先生方(現役・OB)

地域の役員(まちづくり振興会・補導員・防犯協会・長生会等々)が

集まって 開催されます



幹事は 例年 中学校PTAの現役役員が つとめます

そいけん 自分達が現役やった頃は

中学校の敷地内で 行っておりました



仲秋の名月に近い日に

中学校の裏庭に 祭壇を整えて

中学校PTA役員OBの神主さんが

祝詞を上げて 神事からスタートし

子ども達の健やかな成長と

町及び参加者の発展を祈願したら

後は・・・にぎやかに(笑)



年に1回のOBを含めた交流会で

年配の方 も 結構 楽しみにされており

肌寒くなる季節だけに

OBの方の中には 竹を切り出して来て

カッポ酒を準備して下さったり・・・



中学校PTAの 大事な行事の一つになっていたとです

良き伝統と呼べる行事だったとです



ところが・・・

自分らが 役員を卒業してから

この観月会が 批判の的に なってしまいました



「学校で 『飲み会』ば するやら 何事か!」

「子ども達の教育に悪か!」

「学校で 神事ばしてよかとか!」



こげな声に 敏感に反応した役員は

その年の 観月会を

近くの 居酒屋さんで開催してしまいました



自分らは 確かに「飲み会」が好きです

ばってん

この観月会については

単なる「飲み会」ちは 思っとりません

学校に地域の人達が 集まって 杯を交わす

このこつにも 大きな意義があるち 思っております



だけん 会場が居酒屋じゃ いかんとです



学校行事があっている時間帯では無く

子ども達がいる時間帯でも無い

そんな 公共の場で 大人達が自分たちの 交流の場を設ける



現役の保護者には 当然すべての方に案内ば しますので

ただでさえ なり手の少ない 役員候補者を開拓する

大事な交流の場でも あるとです



みんなボランティアで

地域の行事に関わり

子ども達のために尽力して下さる方々の

交流の場ですから

当然 話題は 子ども達の現状に関わるものばっかしなんです



この観月会が そんなに問題ですか?

ほんなこつ 子ども達の教育に悪かでしょうか?



神事にしたって

特定の宗教・宗派にではなく

名月(=大自然)に向かって 手を合わせ

子ども達の成長と 町や参加者の発展を祈る

日本人として うんにゃ 人として 自然な行動やち 思うとです



こげな思いを持った 自分達は

その年の観月会には 参加しませんでした

OBの出席が 激減したとのことでした



今年は 居酒屋から

近くの公民館に 会場が変わりました

中学校で神事をし,公民館に移動するちゅう スケジュールでした

多少の不満は 残ってはいましたが

現役役員の人達が 頑張って準備をして下さったので

参加させて頂きました



自分らより年上の先輩方も

いっぱい参加されておりました



地域の中での 大人のコミュニケーションが深まり

子ども達への包囲網が 拡大していくこと



今 いろんな地域で起こっている

子ども達が犠牲になる諸問題の

有効な解決策に なり得ると 自分は信じています

早っ !!!

1年前・・・

2011年10月27日のブログです



年1回の健康診断



昨年から継続してきたJogの甲斐あって

メタボ脱出~!!



何回やってん好きになれんとが

胃のレントゲン

バリウム飲んで,ゲップ我慢して

上・下・左・右にグ~ルグル

気分が悪くなった



採血の結果は後日やけど

現時点で大きな問題は無し

いたって健康!!・・・でした。





あれから もう1年

昨日 健康診断を受けました



歳とるとが 早かはずやん(泣)

敬語

いつもの M君との会話です。



いきなり・・・

「明日は,どげんすっとですか?」

「はあ?」

「・・・うん?・・・・・・あっ!

 ・・・すみません・・・

 どげん せらっしゃっとですか?」



ぱっと 読まれても

何のこっちゃ わからんでしょ???



そこで,解説です(笑)



まず,いきなりM君が 自分に明日の予定を聞いて来たとでした。

ばってん 自分は あまりに突然やったけん,何のことか分からず

「はあ?」ちゅう反応になったとです。

念のために申しておきますが,この時点で自分は,ただビックリしただけで

怒った訳でも 気分ば害したわけでも 何でも無かとです。



ところが・・・

その反応ば見たM君は,自分が気分を害したち考えました。

そして,瞬時にその原因ば 考えました。



その結果 思いついたとが・・・

M君自身の 言葉づかいだったとです。

「どげんせらっしゃるとですか?」じゃなく

「どげんすっとですか?」ち 聞いたもんやけん

自分が 気分ば害したち 勘違いした訳です。

それで,慌てて 言い直した ちゅうことなんです。



それが 冒頭の会話の全容でした。



もちろん M君には 「勘違いよ」ち 笑って説明しましたが・・・



やっぱ 敬語は 大切にしたかですよね。

げさっか

ちっご弁には

「 げさっか 」ちゅう言葉があります。



標準語で言えば

「 みっともない 」「 はしたない 」「 見苦しい 」

「 かっこ悪い 」「 大人気ない 」etc・・・



要するに

良か言葉では 無かとです



最近の 世の中・・・

一向に具体的な仕事をしようとしない 政治家達

3週間で 辞任する法相

鋭く突っ込まれ お詫び文ば掲載する 某 週刊誌

後を絶たない 公務員の破廉恥行為 etc・・・



げさっか~!

長男

土曜日 

家を出ている長男が

現在 一緒に住んどる彼女を連れて挨拶に来た



来年の今頃 結婚したい

結婚後は この家に戻って来たい とのことやった



長男には長男の人生がある 生活がある

その長男が 考えた上で 選んだ人やけん

自分達が 反対する理由は な~んも無か



ただ,しっかり「家」に対する意識は持っとった

二人だけの生活じゃ無く

あえて この家に帰るこつば 選択するち 言う



そこで・・・条件ば付けた



結婚して 家に帰って来るちゅうこつは

彼女にとって かなりの覚悟が必要であること



特に 家こそ別棟になっとるものの

自分の両親 兄弟が同敷地内で生活しとる

その家に帰って来るということは

二人だけで生活するととは 比べもんにならんくらい

周りに気を使わにゃ ならんごつなること



妹達は 将来的には嫁いで行くが

その妹達がいつでも 気がねなく

里帰りできるような 環境だけは

作っておかんといかんこと



同じ様に 彼女の「家」のことも考えんにゃならんこと



あと 3年以上 仕事をしながら

学校に通わにゃならんとやけん

学費のこともしっかり考えて

結婚式 そのものの あり方も

よく 二人で話し合うこと



以上のことば しっかり考えて 話し合って

それでん 二人の気持ちが変わらんかったら

来年の正月に もう1回挨拶に来るように話した



それにしても



いつの間にか



一時の感情だけに振り回されず

しっかりした話が できるごつ なっとった



もう一人前・・・かな?

パワー Ⅱ

次女のAO入試



じいちゃん ばあちゃんの パワーも

15倍の壁には 力 及ばず



「ざんね~ん!」でした。



ばってん



チャンスは・・・

通常の推薦 本番の入試ち

あと2回 残っているらしく

次女 本人は 次に向かって 気持ちを切り替えておりました。



AO入試は 残念やったし ホークスは連敗したし

で・・・



一番がっかりしたとは 奥さんでした

やおなか

昨日 熊本県北に出張

新規の客先に 試作品ば持って行った



いくつかの 指摘は受けたもんの

無事合格・納品



その時の会話



「ここは,手作業で仕上げばしたとですか?」

「はい」

「そりゃあ やおなかったろう」

「やおなかったです」

「そうやろう! ここは,溶接の方法ば変えると

 ほとんど 仕上げば せんで良かとですよ」

「そうなんですね~」



会話の内容は どげんでん良かとですが

熊本県北でも「やおなか」ち言うとですね~

てっきり ちっご弁ち 思っとりました



「やおなか」・・・わからっしゃるですか?



その時の 場面によって 意味合いが 多少異なるとですが・・・



「大変だ・簡単じゃ無い・手間がかかる・面倒くさい」ちゅう

どっちかというと マイナスの意味合いで使われるこつもあれば



「大したもんだ・すばらしい」ちゅう

どっちかというと プラスの意味合いで使われるこつもあります



前者は まさに昨日の会話



後者だと

「今度,ⅰPS何てろで ノーベル賞ばとらしゃった

 山中先生ちゃあ なかなか やおなかばい」

ちゅう使い方になっとです。


 
なかなか味わいのある 方言でしょ

ばってん

自分達より下の年代の人達は

もうほとんど 使わんですね~



だんだん 死語になって行くとかなあ~(寂)

久しぶりの雨

ここ 1ヶ月近く

まとまった雨は 降って無かったとや なかろうか



雨ち言えば・・・



7月に起こった 九州北部の豪雨災害

まだ 爪痕が残っているところも

ばさらか あるごたる



土木関係の 業界誌を見とると

災害復興のための 予算化も進み始めとる



こげんやって 身近に災害が起こると

その復興の進捗が より身近で 現実のものになってくる



そして 改めて

1年半以上の 時が過ぎてしもうた

東北復興の 進捗具合を

そして 東北の方のいら立ちを 思わずには おれん



復興予算が

とんでもない拡大解釈に使われるやら

まだまだ 問題山積ばってん



時間は 止められん



ありきたりの言葉でしかまとめきらん ばってん

東北は もちろんのこと

日本中で 災害に遭われた所の

一日も早い 復興を祈る

パワー

昨日は,次女のAO入試



一昨日の晩のことでした

大学が交通の便の悪いところにあるため

「送って行っちゃろか?」ち 尋ねたところ

「よか!」ち つれない返事

「どげんすっとか?」ち さらに尋ねると

「じいちゃんと ばあちゃんに お願いするもん」ちゅうこつでした。



以下 次女とのやりとり・・・



「じいちゃんとばあちゃんにや?」

「うん」

「急に言うたっちゃ じいちゃん達にも

 用があるやろだ(あるんじゃないの)?」

「わかっとる。そいけん前から頼んどったもん」

「そうね・・・」



「お父さんが送ったっちゃ良かとに」

「よか!じいちゃん ばあちゃんに送ってもらって

 パワーば もらうっちゃん!」

「パワーばや・・・?」

「うん!(きっぱり)」



ということで・・・

パワーでは かなわないらしく

素直に

じいちゃんとばあちゃんに お願いしました。



競争率15倍の狭き門

パワーをもらった結果が出ると 良かとですが・・・

自己責任?

数日前の報道



119番を かけてきた病人の要請に対して 出動せず

その後 その方は 病死されているところが 発見され

それに憤った 保護者が

市を相手取って 損害賠償の裁判を起こした



消防とその方の やりとりの録音を聞いた

はたして 消防に問題があったのか

極めて疑問に 思った



ご遺族の 無念さは察するに余りある

お亡くなりになられた方の ご冥福もお祈りする



だけんちゅうて 何でも裁判にちゅう風潮は如何なものやろか?



ワイドショーも ちゃんと問題の本質を突けよ!(怒)



救急車をタクシー代わりに利用する 不届きな輩がおるから

こげな問題が起こる(怒)

本当に 緊急性があるのかどうかの 判断に乱れが生じる

それこそが この事件の本質のハズ!(怒)



こんな世の中に誰がした!って 天にツバすると

間違い無く 自分に帰って来る!(汗)



「世の中がおかしい!」ち 言うのではなく

改めて 自分自身が 「自己責任」「権利」「義務」

「責任」の意味(=重み)について

早急に 問い直していかな いかん! ち 考えさせられる事件でした。

説明責任

オスプレイの普天間配備

“ 沖縄の負担 ”が さらにクローズアップ・・・

国は相も変わらず ちゃんと説明せんままの

なし崩し的な 強行配備



米軍問題に限って言えば

歴史的にも 沖縄の負担が大きいのは確か

その負担配分に関しては

どげんかせんといかんのも間違い無か



ばってんですよ



軍事的な危険性だとか 負担の大きさから診た時に

それを受け持っている地域は

結構 日本全国に散らばっておるとですよね

決して沖縄・普天間だけじゃ 無かとですよ



例えば 我が町 久留米ですが

陸上自衛隊 第四特科連隊ちゅう 砲兵部隊が駐屯しとりますし

陸上自衛隊の幹部候補生学校もあり

また,久留米市の中心街から 10kmばっかし(程)南の丘陵地には

パトリオットミサイルが配備されとる航空自衛隊の基地もあっとです



また,10kmばっかし 西に移動すっと

佐賀県ではありますが

吉野ヶ里で有名になった三田川と言う街に

陸上自衛隊の ヘリコプター基地があって

戦闘用のヘリや 補給用のヘリが

毎日のように 訓練飛行しよっとですよね



確かに 日常的な危険性から言うと

普天間の比ではないとかもしれんです



そればってん

“ いざ有事!”と言う時の危険性から言えば

久留米地区も 確実に攻撃の対象になる訳で

沖縄が負担する危険性と

大差無かち考えらるっとじゃ無かでしょうか?



何ば言おうとしよっとか 分からんごとなって来ましたが・・・



どこでん 危険性をはらんだ 負担なんか したくなかはずです。



現に,一方では“ 絆 ”ち言いながら

一方では“ がれき ”受け入れに強烈に反対する

そこに “ 自分さえ良ければ ”の考え方が

如実に 表われとる ち思うのです



それでん

国は守らんといかんでしょ

特に 中・韓・ロ の問題が

こがしこ 注目され始めると

どこかが 何かの負担ば せんといかんごとなるはずです



それやったら・・・



今 国の守りがどういう状態にあっとか

どこに どげな配備ばしとるとか

何で そこに そげな配備ば せんといかんとか

有事の際 どげな負担が考えられるとか



国は きちんと説明ば せんといかんとですよ



もちろん すべてば こと細かく説明することは不可能でしょ

説明したからちゅうて 反対する人が ゼロになるちゅうもんでも無かでしょ



そいけんちゅうて 今のごと説明責任を果たさんで

なし崩し的な 対処ばっかし しよったら

「 国民を欺きよる 」ち言われても しょんなか(しょうがない)!!! ですよ。



どげん罵声を浴びせられて 反対されたっちゃ

せにゃならんもんは せにゃならん(しなければならない)!!! とです。



そいけんこそ,国のかじ取りをする人達には

矢面に立って “ 説明責任 ”ば果たし続ける

覚悟と 忍耐力ば 持ってもらわにゃ ならんち思うとです。

Back to My 青春時代 Ⅱ

開演前の ホワイエ

集まって来ている 人たちの年恰好だけ見っと

「 演歌のコンサート??? 」

「 誰かの立会演説会??? 」(笑)



開場して 着席

目の前に 居並ぶのは

白髪頭に ハゲ頭・・・(失笑)



間違いなく 自分も 同じ世代



ばってん

照明が フェードアウトされ 会場が 暗くなり

ステージが ライトアップされて

こうせつが 登場すると



一気に 青春時代 まっただ中へ・・・



こうせつ 曰く・・・



「 黒酢も 青汁も いいけど (爆)

  青春時代の曲に ふれると

  当時の風が 一気に身体全体を吹き抜けていきますから・・・」



歳を忘れて 大いに盛り上がりました。 

Back to My 青春時代

これから コンサートに行って来ます

コンサートやら何年ぶりやろか?

違うな・・・何十年ぶりやろか? やった(笑)



南こうせつ 伊勢 正三 イルカ



自分が 中学~大学にかけての

青春時代の サウンド

ばさらか 懐かしかあ~



ほんの 一時

タイムマシンに 乗って

Back to My 青春時代

責任感

いつもの M君と

いつもの 長崎へ

その 車中で・・・



「 季節の変わり目は,しゃっち(必ず)風邪ば ひいて

  発熱して 休みよったとですよ 」

「 なんか そげんやったね 」

「 ところがですね,今度はひかんとですよね~ 」

「 それが 当たり前やろうもん 」

「 ばってんですね~・・・何か おかしかとですよね~・・・ 」



「 何が おかしかね。 それだけ 責任感が 出て来たちゅうこつたい ! 」

「 そげんですかね ? 」

「 前にも 言うたこつがあるやろ ?

 『 休み明けに休むとは 社会人失格 』ち・・・」

「 はい。覚えとるです。

  最近は,休み前に体調が悪くなるごたる感じがしたら

  休みの間 無理せんごつなったですもんね 」

「 そげんやろ。 それが責任感の表れたい 」

「 そいけんですかね~ 」



「 そう言えばですね,最近 よく仕事ば発注する会社の専務から

  飲みに誘われるとですよ。行っても良かもんですかね ? 」

「 あそこの専務は,あんたと年齢も近かし,話が合うっちゃなかと?

  せっかくのお誘いなら行ってこんね 」

「 『 自分には決定権は,無かですよ。 引合は出せるばってん 』ち

  言いよるとばってん,しきりに誘われるとですよ 」

「 さっきの『 責任感が出て来た 』ちゅうこつと一緒たい。

  相手は,あんたがキーマンち わかっとるとたい。

  決定権が無かったっちゃ あんたが推薦したら ほとんど通るやろ ? 」

「 そげん言われれば そげんですね 」

「 相手が認めてくれとるとやんけん 行って来んね

  それに,年齢は一緒くらいばってん,相手は経営者で

  決定権ば もった人やんけんね。そげな人と酒を飲みながら

  話ばするこつは あんたにとっちゃ ばさろ良かこつち 思うよ 」

「 そうですか。そんなら行ってみます。」

「 そげんせんね 」



仕事が M君ば ひとまわり 大きか人間にしてくれよるごたるです



飲みに行って さらに いい影響ば 受けてくれるこつば 期待します

報道

維新の会 早くも内部分裂?

朝から 騒がしか !



別に 橋下市長の ファンじゃ無かけん

日本維新の会に 過剰な期待をしとるわけじゃ無か



ばってん 今までの政党と発言内容・行動力で

かなりの違いが あるち思いよるけん

注目は しとる



いろいろ 批判はあるとかもしれん

それでん

大局的には 意ば 同じにする人たちが 集まったはず



細かいところは これから 煮詰めて行かやんやろ

そん時に みんなが みんな

橋下市長の 意見に従うごたるなら

そっちの方が よっぽど えすか(怖い・恐ろしい)!



大志を貫徹し 実行して行くためには

喧々諤々 意見のぶつかり合いがあって 当たり前やろ !



政治問題しかり いじめ問題しかり

いろいろな問題に対して

TVも 新聞も

あまりにも一面的な 悪く言えば 上げ足とりの報道 が 多過ぎるごたる



全く無関心で いるよっか 良かとかもしれんばってん

視聴者 読者として

情報を受け取る側が 振り回されんごと せにゃんね

ゆとり

ふと 空ば見上げたら・・・

秋空

抜けるような 青空でした



久しぶりに 見上げました



いつの間にか すっかり 秋らしくなっとりました



な~んか 毎日 バタバタ バタバタしとって

空ば 見上げる余裕するすらなかった ような



こんな日常生活の中の

景色の変化に感動できる 心のゆとり とでん言うとでしょうか

それが 本当に“ 豊かな生活 ”なのかもしれんですね



ちょっと立ち止まって

ほっと 一息



それだけで ゆとりが生まれそうです

祝杯

今日はですねぇ~

家に帰って 祝杯なんです。



2年前から 種まきしとった

新規事業の 工事が完了したとです



長かった!



全く 新しい分野の事業だけに

これから先の はずみになればと願っています



奥さんに言ったら

「 何が祝杯ね!

  毎日 飲みよるくせに ! 」

ち 言われるのは「 火を見るより明らか 」(笑)

ですけん



いつもんごと だま~って

一人で 乾杯します(笑)

日帰りバスツアー

「久しぶりに 日帰りバス旅行に行かん?」

8月の始め チラシば見とった奥さんの一声がきっかけで

昨日 山口・津和野 日帰りバス旅行に

行ってきました。



「久しぶりに・・・」ち 奥さんは言いますが

結婚してこの方

日帰りバスツアーには 参加したことが無かとです(笑)



久留米から 山口・津和野ですけん

結構な距離があるもんで

それぞれの 降車ポイントは

短時間の バタバタ行動でした



湯田温泉入って 昼食

津和野行って 鴎外旧宅 と コイ・SLば見て

そいで 山口帰って 瑠璃光寺行って・・・



つい最近は バスツアーが

ばさらか(とても)大きか 問題にはなっておりましたが



それでん

プロに運転ば 任せて

昼から ビール飲んで 本読んで 居眠りして(笑)



これは これで

なかなか 良かもんやなあ ち 思いました



ただ 問題が一つ



バスは 満員で

自分達は 最後尾一つ手前の席でした。



最後尾は

1才になるか ならんくらいの

女の子を連れた 若夫婦と

中学生くらいの女の子を連れた夫婦の 二組



最後尾は 5人用の座席

そこに 大人4人 中学生1人やけん

女の子は ずっ~と 若夫婦の膝の上



窮屈かったとでしょ

終始 ごきげんななめで

ず~っと ぐずっとりました(困)



自分は ビールで 良か気分でしたから

そげんまで 気には ならんかったとですが

たいして飲まない奥さんは・・・(怒)



「 あげ~ん 小さかうちは

  周りの人の迷惑になるけん

 連れて来ちゃ いかんち思わん? 」(怒・怒・怒)



若夫婦には 若夫婦の事情があるとでしょうし

もちろん 女の子には 何の落ち度も無かとですが



自分達が 同じ立場やったら

このツアーは 選択せんやったですね
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。