スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

放射線の脅威






こんにちは






PCに向かう元気 今日も健在です (笑)






今日は・・・今回の治療における

『 髪の』 の体験・・・です






昨年末 がん治療を受けることが決まった時

最初にしたこつは

伸ばしていた髪ば 坊主に刈り上げるこつでした






何でなら・・・






何となく がん治療ば受ける人っちゅうのは

み~んな スキンヘッドになるもんや・・・ちゅう

勝手な思い込みがあったけんでした






長か髪が ぞろぞろ抜けるのを見っとは

気持ちが悪いけん せめて短くしとこ・・・っち

思ったとです






確かに・・・






これまで数回にわたる 抗がん剤治療の時で

かなり髪が抜けはしたとですが






それでん






まばらに抜けるくらいで・・・






イメージしとった スキンヘッドには 程遠く・・・(笑)

勝手にイメージしとった 自分には

意外というか・・・中途半端というか・・・ (笑)






ところが・・・です






今回の臍帯血移植に臨むにあたり

移植した細胞の生着ば より良くすっために

移植前日に 全身の放射線照射ば受けたとです






そして・・・移植ば受け・・・

反応が出始めて 約一週間






それまで 何の変化も示さんかった

髪に いきなり変化が・・・






まさしく ぞろぞろ・・・ち・・・音ば立てるかの如く

たった2回のシャワーで

見事な スキンヘッド ・・・ の 完成でした (驚)






その光景は・・・まさしく・・・

小学生の頃 学校の図書室で 目にした

『 はだしのゲン 』 の中で

被爆した ゲンの髪が 抜けるシーン そのものやったとです。






これまでの反応との あまりの違いに

ただただ ビックリするだけで






これまでとの 治療の違いは・・・

そう ・・・






放射線の全身照射でした






医学的に ベストな状態にコントロールされた

放射線でさえ・・・これ程のダメージ・・・ですけん






これが 単に殺戮を目的とした爆弾からの

情け容赦の無い 放射線だったら・・・ち・・・考えると






それをまともに被爆された方々を 思う時






今年の8月6日・8月9日の 迎え方が

自分の中で 大きな変化ば 起こしそうな気がします






臍帯血で 見知らぬ方の

大きな善意に 病気を克服する希望を頂き






放射線治療を通して

被曝の脅威を 微々たる部分だけでも 体験したことを通して






これから先 この命を伸ばすことを

許して頂けるとすれば






決して 大げさではなく






自分の今後の人生に

大きな影響をもたらすことになると思います







スポンサーサイト

コメント

No title

前回、今回と記事を拝読いたしました。
お元気そうでよかった!おかえりなさい。

はだしのゲン、わたしも随分読んで、影響を受けました。
髪の抜け落ちて、不安におののくシーン、印象に残っています。
今度オバマ氏が広島に来るので、今大騒動になっていますけど、
核廃絶に向け、しっかり舵が切られることを望みます。

niraikanaiさん、しんどいと思いますけど、
完全復帰、心から祈っています!!!お大事に!

No title

niraikanai さん、こんばんは!

ご自身が大変な治療の中、被爆者の方々を思われるなんて、とてもniraikanaiさんらしいです。

移植された細胞も元気いっぱいに病気と闘ってくれるはずです!

頑張ってください!

ありがとうございました

Greatメカ沢 様

おはようございます。

いろいろご心配をおかけした上に
励ましの言葉を頂きありがとうございます。

今日は、PCに向かう元気が出ました (笑)

さて、広島にお住いのメカ沢さんにとって
被爆の問題は、より身近なことだと思います。

自分にとってもこれまでになく、考えさせられる
問題になった 今 70年たって初めて当事者で
ある合衆国の現役大統領が広島を訪れ、
メッセージを発信し、被爆者代表の方々と
交流されるという、歴史的な瞬間に、生中継で
望むことができました。

事の賛否を、私なんかが想いを馳せることが
できない複雑な歴史的背景がある中で、
軽々しく口にできることではありません。

ただただ、これまで一番苦しまれて来られた
はずの被爆者代表の方々が、非難の言葉をぶつけ
られるどころか、大統領と固く握手をされ。抱擁を
交わされて、大統領を歓迎される姿に、深い感動を
覚え、涙が止まりませんでした。

まだまだ何の解決も迎えていない核問題ですが
5月27日を一つの区切りとして、改めて世界中の
人たちが自分の問題として考え始める契機になれば
いいなあと強く思いました。

ありがとうございます

マヤリモ 様

おはようございます。

これまでの抗がん剤による化学療法だけの時は、
副作用対策の薬の発達で、きついなりにも、割と
元気に過ごせていました。

ところが今回は違いました。
PTの先生によるリハビリもお断りするほど
ベッドから起き上がれないことが続くとは・・・

それでも、開けない夜はない事をも体験し、
これから先の療養の力にして行けそうです。

この力を、皆様から頂いた励ましの言葉で
倍増させて、焦らずじっくり療養して行きます。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー) URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。